バイナリーオプション通貨相関手法とは?

バイナリーオプション

通貨相関って聞いたことはあるかもしれませんが、実際のトレードで活用できていない方も多いかと思います。

私はFXをする際もバイナリーオプションをする際も通貨相関は必ずみますし、相関性はかなり重要だと思っております

そこで今回は通貨相関の重要性や、バイナリーオプションへの応用の仕方を解説していきますので最後までご覧ください。

あなたはバイナリーオプションで通貨相関を意識してますか?

通貨相関とは、その名の通り通貨の相関性のことを言います。

簡単に説明すると、複数の通貨ペアを見てどの通貨がベースで動いているのか?を判断します。

例えばドル円が下降している時

  1. 円が買われている
  2. ドルが売られている
  3. 円が買われていてドルが売られている

のパターンがあります。

上記の3つの中だったら、どのパターンの下落の勢いが最も強いと思いますか?

例外的な動きもあるので一概には言えないですが、3のパターンが最も下落が強いです。

すべての通貨はつながっているためどれかの通貨が買われれば、どれかの通貨が売られていることが分かります。

つまり何を言いたいかというと、1つの通貨ペアしか見てないと相関関係は分からないですが、複数の通貨ペアを見ることによって相関関係が分かるということです。

「例えば」ドル円が下落している場合、クロス円とドルストレートを確認します。

クロス円すべてが円買いの方向に向いていて、ドルストレートがドル売りの方向に向いていたら、全体的に円買いドル売りの流れなのでかなり強いトレンドになることになります。

こういった時にバイナリーオプションで逆張りハイエントリーをしてしまうと、一気に急落したり、モジモジしてきれいに反発せずに負ける。

なんてことが起こってしまうのです。

バイナリーオプションをしていると、調子がいい週と悪い週がありませんか?

相場の力関係というのは常に変わっているので、相関が均衡していて逆張りが効く相場、一方的なトレンドができてしまい負けてしまう相場など常に変わり続けています。

バイナリーオプションは超短期取引ですので、常に相関を意識して取引をすることは不可能に近いのですが、チャート分析をする際に相関を見ておくことは大事です。

またマーケットオープンや指標の時など強い動きがあったときにどの通貨が主導で相場が動いたのかなどを理解しておくことで大きな相場の流れがわかるためおすすめです。

超短期取引のバイナリーオプションでも大きな流れに沿っていった方が勝率はアップします。

 

逆に大きな流れに逆らうことで勝率が大きく下がってしまうため、通貨相関を見て大きな流れを知っておくことは大事です。